• 無料体験授業受付中
動画を再生する

メニュー

  • 個別指導
  • ラボ
  • コンポジション
  • 英語

イベント情報

ソラオト

東京都世田谷区太子堂1-15-10
R三軒茶屋2F

tel:03-6453-4545 アクセスお問い合わせ

HOME > 身につく力 > ラボで身につく力 > Excelを使って統計データをまとめることができる

身につく力

< 論理的な思考が可能になり小論文が書けるようになる  |  一覧へ戻る  |  分かりやすく伝えることができるようになる >

Excelを使って統計データをまとめることができる

何か科学的な実験をした後や、あることについてアンケート調査をした後、必要になることがひとつあります。

それは得られたデータが「もっともらしい」のかどうかを調査する作業です。

その場合、そのデータの平均値や分散と言った、統計学に基づいた数字を調べることが基本になります。

データ数が少ない場合は紙の上で計算できるのですが、データが膨大になると手計算では大変です。

そこで用いられるのが「Excel」というソフトです。

excel2.jpg


このソフトは「Word」や「PowerPoint」と同様に、データの統計処理に関して、デファクトスタンダードです。
 
統計学で用いられる基本的な計算は「Excel」を利用して行うことができ、その結果をグラフで表すこともできます。

グラフにすることで、そのデータを観察しやすくし、そしてデータの「もっともらしさ」を判断することができます。

「Excel」を道具として使いこなすことで、データを客観的なものとし、自分の意見を支える材料とすることができるようになります。

 

< 論理的な思考が可能になり小論文が書けるようになる  |  一覧へ戻る  |  分かりやすく伝えることができるようになる >

カテゴリ:

このページのトップへ